【米津玄師さん】『空想』ライブレポ【宮城】

2023年、満を持して迎えた米津玄師さんのライブ『空想』。HYPE宮城・直前中止からのリベンジ参加だった今回のライブ。感激もひとしおでした。

仙台駅周辺情報から会場までの交通手段なども書いているので、次回宮城の会場参加を考えている方・米津さんのライブに参加してみたい!という方の参考になれば嬉しいです^^

※この記事にあるリンク先の企業様からの指示等は一切ございません。

チケット入手方法

一次先行は発売されるCDに封入されているシリアルナンバーを使ってエントリーします。ですがCDを必ず購入しないと応募できないわけではなく、後々にはなりますがシリアルナンバーがなくても応募できる『一般販売』もあります。

今乃かおり

できる限りCDで(一次先行で)当選しておくと安心です。米津さんのライブは年々倍率が鰻登りになっているので^^;

なお、チケットは米津さんの公式ホームページにあるチケットサイトでエントリーします。私が今まで参加したライブは計2回。(『変身』と今回の『空想』)それ以前はどうだったのかわかりませんが、少なくとも参加した2回ともデジタルチケットでした。

ライブ初参加の私はデジタルチケットにあたふた。しかも座席は当日までのお楽しみという仕様で。今のライブはこういうのが普通なの?ふえぇぇぇ心臓に悪いよ…。ドキドキバクバクしながらライブ当日を迎えました。

開催場所は?

2023年のライブ『空想』は全11都市での開催でした。(兵庫、大阪、熊本、愛知、宮城、北海道、福井、徳島、広島、埼玉、神奈川)最初にお伝えしましたが、私はHYPEのリベンジで宮城会場に参加しました。あとやっぱり近いことも理由の一つです^^

でもこの宮城セキスイハイムスーパーアリーナ、実は仙台駅から結構遠いので、ちょっと利便性は良くないと思います。(仙台駅からのシャトルバスで大体40分かかりました)

私の住む山形からだと隣県なので高速を使って行ける距離ですが、私は長距離運転が苦手なので(;;)、公共機関を利用しました。会場の駐車場は広く、停められないことはないと思いますが、終演後の帰りの出庫にかなり時間がかかりそうでした。(これはどこの会場も一緒?)

あと、この施設の周辺には時間を潰せるような場所がないので、グッズ購入などで早くから会場入りされる方は、食べ物や飲み物の準備はしておいた方が安心だと思います。(ゴミは各自お持ち帰りで)

仙台駅から会場までの移動手段(シャトルバスの場合)

仙台駅からはシャトルバスが随時運行しています。シャトルバスのチケットは、公演前に事前にネットorローソン(Loppi)から購入しておくシステムです。(私はLoppiから購入)仙台駅⇔ライブ会場間の往復で2800円でした。(なお、片道分の販売はしていなかったです。今後のライブではどうなるのかわかりませんが…)

シャトルバスチケットは販売開始日に購入したのですが(公演日の1ヶ月ちょい前でした)、グッズ販売時間の発表に合わせて運行時間も後から調整・変更があるみたいでした。なので特にグッズ購入を検討されている方は、そこらへんも念頭に置いて購入した方がいいと思います。

そして肝心のシャトルバス乗り場ですが、仙台駅からシャトルバスが運行していると言っても直接仙台駅から発着しているのではなく、少し離れた場所からでした。(徒歩5分程度)

仙台駅は西口(正面側)と東口(裏側)がありますが、東口の方がシャトルバス乗り場までの距離は断然近いです。西口からでももちろん行けるのですが、ちょっと遠回りになります。特に電車などの公共機関を利用して来られる方は、改札を出たら東口を目指すとスムーズに辿り着けるかと。(シンプルな構造の駅なので、迷わず行けると思いますよ!)

『仙台駅からシャトルバス乗り場まで少し離れている』と言いましたが、迷わないか心配な方がいましたら、心配無用ですよ(^^)(かくゆう私もちょっと心配だったけど)

当日は仙台駅東口に『米津玄師ライブ』の大きな看板を持った案内スタッフさんが、シャトルバス乗り場までのルート上に立って案内してくれていたので、難なく乗り場まで辿り着けましたので^^

仙台駅周辺のホテル情報

前回のライブ『変身』の帰りは誘導退場(すぐに退場できない)だったので、今回は初めから宿泊を選択しました。ですが今回のライブは誘導退場は無し(自由退場)。ちょっと拍子抜けでした。(会場で対応が違うのかもしれませんが…)

でも泊まりにして良かったです。バスや新幹線の発車時刻に間に合わせないと!というハラハラ感は一切ないし、体力的にもヘトヘトになるので、会場↔︎家が激近でない限りは宿泊の方がおすすめです。

ホテル情報ですが、私が利用した5月の仙台駅周辺のホテル料金は、私調べでおおよそ6,000円〜11,000円程度でした。(料金はシーズンによって変動あり)

私は仙台駅東口からすぐの『ダイワロイネットホテル仙台』というところを利用しました。駅も近く(徒歩2分と激近!これが決め手)、近くにはコンビニや飲食店がたくさんあります。ライブ後は疲れ切った状態になるので、駅近を選んで良かったです。お部屋も綺麗で快適でした^^またライブの際は利用したいな。私の場合、料金は割引含めて¥7000程度でした。

※リンクは掲載許可了承済みです。

ダイワロイネットホテル仙台(リンクへ飛びます)

会場へ到着

到着したのは15:00頃だったのですが、まだまだ物販には長蛇の列が。今から並んで果たして会場入りに間に合うのかどうかわからず、長蛇に圧倒されて並ぶのを断念した私です。(朝から並ばれている方もいると聞いて、熱意にびっくりしました!)グッズで全身コーデしている方、普段着でおしゃれされてる方など実に様々でした。

一番驚いたのはファンの年齢層の広さ。様々な年代の方がいらっしゃって、老若男女に愛されているんだなぁと、米津さんの幅広い人気に驚きました。

物販に並ばない私は早々に会場内へ入場。ただあまりにも早く入場しすぎたようで、椅子でぼーっとする時間が長かったです笑 物販…もしかして並べたかな??タイミングよ…。暇な時間の為に、本など時間を潰すものを用意すると良いかもしれません。

ドキドキの座席発表

肝心のお席はというと、アリーナ席・左中央の後方。アリーナで嬉しい!と思ったけど、でもよくよく考えればアリーナって、劇場のような席の段差がない構造になっています。だから、後ろに行けば行くほど人で前が見えないんですよね…。盲点だった…。

ライブ中、私の前方には背の高い方がいっぱいいたので、身長157cmの私は終始つま先立ち状態。スニーカーで行ったのに、ライブが終わる頃には足がパンッパン状態になりました。おしゃれも良いけど、どこに席が当たるか分からないシステム上、ライブはほんと動きやすいカッコが一番だと思いました。(でもおしゃれしたいよね!^^)私の座席の位置からは、時折米津さんがチラチラっと、ちーっちゃく見える程度でした。巨大モニターはあったけどさ。ぐすん。

変身の時は東京会場だったのですが、その時は注釈付きの二階席。ご本人までの距離は遠かったですが、2階席だと座席が段々になっていた&2階席最前列でとても見やすかったです。

米津さんやバンドメンバー&ダンサーの皆さん、ライブの演出全体が俯瞰して見渡せるので、私は注釈付きの方が好きかも。(ただし2階だと銀テは取れませんが^^;)

宮城会場も二階席は段々になっていたので、次回は最初から釈付き希望にしようかな笑 と言っても席は当日にならないとわからないので、全ては運次第ですけどね^^;

公演中に感じたこと。米津さんの印象的な言葉

そんなこんなで、ようやく公演のレポートへ。

セトリや詳しい内容は…詳しく記述してくれている方がsnsにたくさんいると思うので、ここでは私主観の感想を述べていきたいと思います。

私は米津さんのライブが人生初、かつ今回の空想で2回目だったので他アーティストさんはライブでどんな感じなのかはわかりませんが、米津さんの言葉で印象的だったのが『ノってわいわいするもよし、音楽に集中して静かに聴くもよし。各々が心地良いようにしてください(要約)』というニュアンスのメッセージでした。

ライブってみんなと同じようにノって盛り上がらなきゃならない、のような同調圧力の雰囲気が漂っている感じがあって、私はちょっと違和感を感じていました。(ノって盛り上がる事を否定しているのではなく、私はそういうタイプではない、という意味です)

アーティストさん側からすれば、お客さんの反応がある方が絶対楽しいだろうし、やりやすいんだろうな…と思っていたので、『合わせなくていい。自由でいいんだよ。』という寄りそうような優しさを垣間見て、本当に素敵な方だなぁ…と思いました。

私は米津さんのファン歴は短いのですが、こういう『包むような優しさ』に癒された方は多いはず。こういう部分が多くの方の心の琴線に触れて、ファンがどんどん増えていくんだろうな^^

CD音源そのままの歌声と、MCの掛け合いにほっこりし(^^笑)会場の全演出が本当に本当に美しくて…。ライブ全体で一つの”アート作品”のようなライブでした。終演後も、胸に満ちるあたたかな余韻でしばらく放心状態に。

私は米津さんのライブは2回とも『ぼっち参加』です。でも、ぼっちでも全く問題ありませんでしたよ^^というか、ぼっちだからといって参加しない方がもったいない!チキンな私は他のファンの方と交流することはなかったのですが、そういうのが得意な方は友達の輪が広がって良い出会いになりそう!

とても楽しくて美しくて、心地良い時間が流れる2時間でした。(足はほんっとうにパンパンだったけどね!^^;)

来年もライブが開催されたら、また宮城に参加します(^^)♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
筆者アイコン(横顔)
今乃かおり
「頑張りすぎない」がモットーの、オーガニック好きなゆるゆるベジタリアン。野菜とフルーツが大好物。 | 野菜料理が得意(調理師免許所持) | グリーンスムージーオフィシャルインストラクター | 山形生まれ山形在住。詳しいプロフィールはこちら お問い合わせはこちらまで