【実体験】グルテンフリー生活を3ヶ月間実践した結果は〇〇だった!

今乃かおり

こんにちは!今回の記事では、私が実際に3ヶ月間グルテンフリー生活を行った時の体感・感想をお伝えしています。

結論から言うとグルテンフリーは体もメンタルも大きく変化すると感じました!

あの有名なテニスプレーヤーもグルテンフリーを実践していた

若い頃から様々な偉業を成し遂げてきた、世界的に有名なプロテニスプレーヤーのジョコビッチ選手。彼はグルテンフリー生活を実践されていて、それによって試合のパフォーマンスの質もかなり向上したのだとか。

そのことを知った私は、早速購入して読んでみました。(グルテンフリー実践への事前準備も兼ねて)とてもストイックですごかったです。興味があれば読んでみてください^^

私のグルテンフリー生活の具体例

ここからは私の実践のお話をしていきたいと思います。

とにかく思いつく限りの方法で『小麦を避ける』生活を3ヶ月間続けようと決めて、実践してみました。

例えば・・・・・

●精製・未精製含めた小麦粉製品は食べない(ただし、醤油などの調味料に使われている小麦は良しとしました)

お米・米粉・米粉の麺(フォーやパッタイなど)、さつまいもやジャガイモなどの野菜を主食として積極的に摂る

●外食はなるべくしない(外食だと原材料の詳細が把握できないから)

●甘いものが欲しい時は、手作りお菓子やグルテンフリー製品のものを取り寄せる

とまあ、こんな感じです。特に麺類などの主食系は、一食で大量の小麦摂取になってしまうので注意していました。

私は”ゆるゆるベジタリアン”なので、食品の一部を避けるという生活には慣れていますが、小麦は『植物性』。それなりに小麦は食べていました。

実践してみて思ったのは、小麦を避ける事って、思いのほか大変だということでした。

美味しいものはなんでも『小麦』。世の中の大半の商品に小麦は使われているんですよね〜(^^;)

改めて『小麦』は、現代の食に深く根を張っているんだなぁと感じました。

グルテンフリー生活で体にこんな嬉しい効果が!

①食後の眠気やだるさがなくなった

主食をお米やお米製品にしたら、食後は当たり前のように来ていた眠気やだるさがほぼなくなっていたことに気付きました。

眠くなることは当たり前だと思っていたので、これは驚きましたね〜!お米は古来から日本人が食べてきた主食。やっぱり日本人にはお米が合うのかも知れないと思います。

あと小麦を食べていた時にあった、食後のお腹の張りもなくなりました!!

②体重の著しい増加がなくなった

これもビックリ!お米って少し食べ過ぎても、そんなに太らないんです。(私の体感)

(※もちろん、あまりに食べ過ぎれば、お米でもなんでも体重は増加しますが。)

小麦は食べると翌朝すぐ体重に反映される(増える)のですが、お米はそれがほぼありませんでした。

小麦に含まれる成分が腸を荒らすとも言われているので、摂らないことで体重の大幅な増加がなくなるのでは?という印象でした。

③便通がすこぶる良好になる

ゆるベジ生活をするようになって便通はかなり改善していたのですが、グルテンフリーを実践してみたら更にブーストがかかってしまいました(笑)1日に数回が当たり前に!奇跡です・・・。

④メンタル面でのアップダウンが減った

腸が荒れなくなったおかげでメンタルにも良い影響が出たのだと思います。(腸と脳は密接に関係していると聞いたので)

メンタルのアップダウンが減ったのはとても嬉しい効果でしたね〜!

今乃かおり

どれもこれも嬉しい効果ばかりで、本当に驚きの連続でした。個人の感想としては、グルテンフリーをやって良かったですね^^

グルテンフリーで”しっかりとした体感”を得るには?

グルテンを避けるに限らず、何かを避けることで大きな体感を得るには、一定期間でいいので、その間はその食材を完全に近い状態まで断つ必要があると感じています。

ごちゃごちゃと曖昧に食べていては、本当は何が原因だったのか結局わからないですよね?

以前こんなことがありました。

私は何年も前に、興味本位でアメリカの会社の本格的な遅延型アレルギー検査をしたことがあります。(採血するタイプの)

その検査ではなんと驚いたことに『卵』にとても強い反応が出たんです。まさか自分が卵にアレルギー反応があるなんて微塵も思いませんでした。

なぜならその当時、毎日のように卵を食べていたし、それによって特に異変は感じていなかったからです。

ですが結果を見た私は、試しに一定期間『卵を食べない生活』を送ってみることにしました。(確か半年くらい)

そしてある時、久々にお蕎麦屋さんで天ぷらそばを食べた後しばらく経つと、強烈な眠気に襲われました。食後に『天ぷら粉に卵が使われていたかも!』と気付き、卵を使っていたか一応聞いてみたのですが、案の定入っているとのこと。天ぷらに卵を使うこと、忘れていたんですよね^^;

この後も実験と称し、時々卵を食べてみました。数回繰り返してみたんですが、結果はやはりいつも同じ。食後に強烈な眠気が来るのです。

この体験で思ったのは、体はとても優秀なので、常に食べたり飲んだりしていると反応しなくなるのでは?と思いました。(あくまで個人の感想です)

私の感覚では『反応がないから大丈夫』というよりも、体は『反応が出ないよう頑張って適応している』というイメージです。

当たり前に常食していると気付かないけれど『一度一切やめてみる』という”インパクト”を体に与えることで、実は体が発している”本当の声”がわかるのかも知れない…と思った出来事でした。

まとめ

とは言っても、完全にグルテンを断つことは難しいですよね。美味しいものは大体が小麦だし(~~;)

一定期間の完断ちが難しくても、意識して減らしてみることでも体感はあると思います。

かくゆう私も、小麦を食べる回数はだいぶ少なくなりましたが、今でも食べています。ゼロではありません。

小麦を食べる際は、できる範囲でオーガニックのものや全粒粉のものを選ぶようにしているくらいかな。

理由としては、未精製と精製されたものでは、やはりオーガニックや未精製(全粒粉)の方が体へのダメージが少ない感覚があります。(外皮にはミネラルがいっぱいなので)

グルテンフリー生活に興味のある方は、一度『一定期間完断ち』してみると、結果がわかりやすいと思います。(一応書いておきますが、実践の際は自己判断・自己責任でお願いいたしますm(__)m)

グルテンフリーを続ける期間も、もちろんあなたが心地よく続けられる期間で大丈夫です!たとえ3日や1週間でも、何かしらの違いは感じるはず。それくらい、グルテンフリー生活って体にインパクトがあると感じるので。

私がそうだったのですが、遊びのような感覚でトライするとストレス少なく続けられますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
筆者アイコン(横顔)
今乃かおり
「頑張りすぎない」がモットーの、オーガニック好きなゆるゆるベジタリアン。野菜とフルーツが大好物。 | 野菜料理が得意(調理師免許所持) | グリーンスムージーオフィシャルインストラクター | 山形生まれ山形在住。詳しいプロフィールはこちら お問い合わせはこちらまで