【大豆のお肉】豚の生姜焼き風炒め

大豆のお肉で作った豚の生姜焼き風炒め

今やスーパーでもよく見かける『大豆のお肉』ですが、実際に食べたことあるよ〜って方はあまりいないかも知れないなと思い、今回は大豆のお肉を使った王道レシピを書いてみました。ヘルシーで栄養価が高い大豆ミートの認知が広がると嬉しいな♪大豆のお肉のミニ知識も書いているので、よかったらご覧ください!^^

【大豆のお肉】豚の生姜焼き風炒め〜材料編〜

【一人前】

大豆のお肉(大豆ミート)・・・・20g(乾燥状態)
玉ねぎ・・・・・30g
生姜・・・・小さいのを1かけ
★醤油・・・・・小さじ1
★砂糖・・・・・小さじ2
★みりん・・・・小さじ1
米油(炒め用)・・・・小さじ1

【大豆のお肉】豚の生姜焼き風炒め〜作り方編〜

⑴大豆のお肉をお湯で戻す。(戻し方は下記に記述)

⑵玉ねぎをうす切りにし、生姜もすりおろしておく。

⑶フライパンを弱火〜中火で熱し、そこへ米油と玉ねぎを入れ、玉ねぎにサッと火が通るまで炒める。

⑷お湯で戻した大豆のお肉を加えてさらに炒め、★も加える。全体に火が通ったら完成!

大豆のお肉にしっかり焼き目をつけると、まんまお肉のような見た目になります^^

大豆のお肉ってどんなの?どうやって食べるの?

大豆のお肉の乾燥状態。『竜田揚げ』みたいに見えるのは私だけ?

私が使用した大豆のお肉は『大豆と玄米のベジスライス』というものです。原材料が『脱脂大豆、大豆タンパク、玄米粉、硫酸カルシウム』だけのシンプル仕様なので選びました。私はやっぱりシンプルな原材料が安心するので、よくこういうものを選んでしまいます^^

このように大豆のお肉には乾燥状態のタイプのものをはじめ、お湯で戻した状態ですぐ料理に使える生?タイプのものなどもあります。乾燥したものはお湯に浸してふにゃふにゃにしてから食べます。

大豆のお肉の戻し方

①沸騰したお湯にひたす。(約1分)
②水気を切る。
③流水で数回洗い流す。
④水気をしっかりしぼる。

と、こんな感じでとっても簡単です。水気を絞った後の姿はこんな感じ↓

水分を含んで大きく&柔らかくなりました。

このお湯で戻しただけの状態のものを試しに食べてみましたが、このメーカの大豆のお肉に関しては、大豆のお肉にありがちな大豆臭は弱めで食べやすかったです。大豆臭を気にせず美味しく食べるポイントとしては、薄味のものよりも濃い味付けの料理に使うと美味しく食べられます。

正直に言えば大豆ミートはいつも食べるわけではありませんが(厚揚げとかで代用しちゃうので)、お肉っぽい感じを出したい時・体の調子を整えたい時に活用することが多いです。ヘルシーでダイエットの強い味方でもあります♪

”お肉を食べない日”を作って体をリセットしよう♪

海外では『ミートフリーマンデー』という”一週間のうち月曜だけお肉を食べない日にしよう!”という活動などが盛んに行われていて、植物性食品への関心も年々高まっています。

これは地球環境を守っていこう!という意図が大きい活動だと思いますが、健康面的にも◎です。なぜなら、お肉を摂らない日を一度体験してみると、お肉を食べた日とは明らかに体感が違うからです。

明らかに違いを感じるのは”朝の目覚め”。朝の目覚めが格段に良くなります。パッと目覚めたら、すぐにベットから起きられるのです。(以前は目覚めても眠くて眠くて、二度寝ばかりしていて、ベットの中でぐずぐずするのが当たり前だったので)

いきなりの菜食は難しいかもしれませんが、ミートフリーマンデーのような1日限りの菜食でももちろんOKです(^^)ぜひ体感してみてほしいな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
筆者アイコン(横顔)
今乃かおり
食で生まれ変わった水彩画家。アート×自身の体験に基づいた食情報を発信中 | 調理師免許所持 | グリーンスムージーオフィシャルインストラクター | 詳しいプロフィールはこちら お問い合わせはこちらまで