【大豆のお肉】豚の生姜焼き風炒め

大豆のお肉で作った豚の生姜焼き風炒め

今やスーパーでも常設するところが増えてきた『大豆のお肉』ですが、実際に食べたことがある方は、意外と少ないかもしれません。

今回は、そんな大豆のお肉についての説明もあわせておこなっていきたいと思います^^

大豆のお肉に抵抗がある方でも取り入れやすいよう、老若男女に愛されている”豚の生姜焼き風”にしてみました^^

【大豆のお肉】豚の生姜焼き風炒め〜材料編〜

【一人前】

大豆のお肉(大豆ミート)・・・・20g(乾燥状態)
玉ねぎ・・・・・30g
生姜・・・・小さいのを1かけ
★醤油・・・・・小さじ1
★砂糖・・・・・小さじ2
★みりん・・・・小さじ1
米油(炒め用)・・・・小さじ1

【大豆のお肉】豚の生姜焼き風炒め〜作り方編〜

⑴大豆のお肉をお湯で戻す。(戻し方は下記に記述)

⑵玉ねぎをうす切りにし、生姜もすりおろしておく。

⑶フライパンを弱火〜中火で熱し、そこへ米油と玉ねぎを入れ、玉ねぎにサッと火が通るまで炒める。

⑷お湯で戻した大豆のお肉を加えてさらに炒め、★も加える。全体に火が通ったら完成!

大豆のお肉にしっかり焼き目をつけると、さらにお肉のような見た目になります。

大豆のお肉ってどんなの?どうやって食べるの?

大豆のお肉の乾燥状態。『竜田揚げ』のような見た目だなぁ…

私が使用した大豆のお肉は『大豆と玄米のベジスライス』というものを使いました。

原材料が『脱脂大豆、大豆タンパク、玄米粉、硫酸カルシウム』だけのシンプル仕様です。私はやっぱりシンプルな原材料が安心するので、ついこういうのを選んでしまいます。

大豆のお肉はこのように乾燥状態のタイプをはじめ、お湯で戻した状態ですぐ料理に使えるタイプのものなど様々あります。乾燥したものはお湯につけて戻してから食べます。

大豆のお肉の戻し方

①沸騰したお湯にひたす。(約1分)
②水気を切る。
③流水で数回洗い流す。
④水気をしっかりしぼる。

と、こんな感じでとっても簡単です。水気を絞った後の姿はこんな感じ↓

水分を含んで大きく&柔らかくなりました。

このお湯で戻しただけのものを試しに食べてみましたが、この大豆のお肉は、大豆のお肉にありがちな大豆臭はそんなに強くなくて食べやすかったです。

(でもこれは本来生で食べるのではなく加熱調理して食べるものです。お間違えのないよう!※私は実験のために食べています。)

大豆のお肉は大豆臭が強いものもあるので、それが苦手な方もいるかもしれません。そういう場合は味付けの濃い料理(例えばカレーやシチューなど)だと美味しくいただけるかと思います。

”お肉を食べない日”を作って体をリセットしよう♪

植物性食品への注目度も高まっている昨今。

海外では『ミートフリーマンデー』という、『一週間のうち月曜だけお肉を食べない日にしよう』という活動も盛んに行われています。

これは地球環境を守っていこう!という意図もありますが、一方で健康面的にも理にかなっている活動だな〜と思います。

お肉を摂らない日を一度体験してみると、お肉を食べた日とは明らかに体感が違うからです。(私の場合)

明らかに違いがわかったのは”朝の目覚め”です。目覚めが格段に良くなりました。パッと目覚めたら、すぐにベットから起きられるのです。

以前は目覚めても眠くて眠くて、二度寝ばかりしていました。ベットの中でぐずぐずするのがデフォルト状態^^;

いきなりの菜食は難しいかもしれませんが、ミートフリーマンデーのような1日限りの菜食でももちろんOK!軽ーい気持ちで、ぜひ体感してみてほしいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
筆者アイコン(横顔)
今乃かおり
「頑張りすぎない」がモットーの、オーガニック好きなゆるゆるベジタリアン。野菜とフルーツが大好物。 | 野菜料理が得意(調理師免許所持) | グリーンスムージーオフィシャルインストラクター | 山形生まれ山形在住。詳しいプロフィールはこちら お問い合わせはこちらまで