夏野菜のペペロンチーノ

ズッキーニ、なす、しらすをたっぷり使ったペペロンチーノ

夏野菜をふんだんに使った、ボリュームたっぷりのペペロンチーノ。夏が近づくと無性に食べたくなる、パスタの王道ですよね♪とろっとしたズッキーニとナスが最高に美味しくて、フォークが止まりません…(>u<)♡

そんなペペロンチーノを『美味しく作るためのコツ』も記載しているので、ぜひ最後までご覧ください♪

夏野菜のペペロンチーノ・材料

【1人前】

ズッキーニ・・・・1/3本(80g程度)

なす・・・・・・・小さめ1本(60g程度)

しらす・・・・・・1パック(35g程度)

パスタ(スパゲッティ)・・・100g

鷹の爪(輪切タイプ)・・ひとつまみ(お好みの量)

塩コショウ・・・・適量

パスタの茹で汁・・おたま2.5杯分

オリーブオイル・・適量

ニンニク・・・・・2かけ

塩コショウとオリーブオイルは要所要所でちょこちょこ使うので、”適量”の記載にしてあります。

パスタ麺は今回 『Jovial(ジョビアル)/オーガニック玄米パスタ(スパゲッティ)』 というものを使用しました。個人的には小麦のものよりも体重が増えにくいのでおすすめです。

グルテンフリーパスタ・おすすめ4選の全体画像

夏野菜のペペロンチーノ・作り方

⑴ズッキーニとナスを、半月切りにする。ナスはアク抜きのために軽く水にさらしておく。ニンニクはみじん切りにする。

ズッキーニに飾り(ピーラーで間隔を開けながら縦に皮をむくと、皮の緑と果肉の黄緑の2色になる)を入れると、見た目が華やかになります^^

⑵フライパンを中火程度にし、少量のオリーブオイルを入れたらズッキーニだけをソテーする。ズッキーニは軽く焼き色がついたらOK。軽く塩コショウを振り、お皿に取っておく。

⑶⑵と同じフライパンに多めのオリーブオイル(大さじ2程度)を追加で加え、ナスをソテーする。しっかり加熱しておく。軽く塩コショウを振り、これもお皿に取っておく。

ナスは『オリーブオイル多め』でソテーすることで、とろっとろで美味しいナスになります。思い切ってたっぷりと使いましょう!

⑷たっぷりのお湯(1L以上)に塩小さじ1程度を入れ、パスタを茹でる。茹ででいる間に、先ほどのフライパンにニンニクと鷹の爪を加え、弱火で炒める。

ニンニクは香りが出たら、すぐに火を止めます。ニンニクがきつね色になるまで加熱してしまうと苦味が出てしまうためです。

⑸⑷にズッキーニ・ナス・しらす・パスタの茹で汁(おたま2.5杯程度)を入れ、中火くらいで加熱する。

⑹ちょっと硬めに茹でたパスタを⑸に加え、強火にする。パスタに汁を吸わせるような感じで火を入れる。全体をよく混ぜる。

よく混ぜることで、オイルと茹で汁がエマルジョン(乳化)します。『水と油はよ〜く混ぜる』が、ペペロンチーノを美味しくするポイントです。

⑺味見をしてから塩コショウを加え、味を整える。最後にもう一度オリーブオイルを加え(ここでの追加は好みでOK)再度しっかり混ぜ合わせる。お皿に盛り付けたら完成です!

美味しくなるためのポイントまとめ
  • ニンニクはたっぷりと入れる
  • オリーブオイルもたっぷりと使う
  • エマルジョンをしっかりさせる

ペペロンチーノはシンプルですが、意外と難しいパスタです。この3点に気を付けると、より美味しくなるので、ぜひトライしてみてくださいね(✴︎^^✴︎)

お塩は”ミネラル塩”を使うと、より味に深みが出るよ!

今回の夏野菜のペペロンチーノにはミネラル塩を使用しています。ミネラルがたっぷり入っているお塩は普通の塩(精製塩)特有のとがった塩辛さがなく、味がまろやか。料理に深みが出るので、可能であればミネラルたっぷりのお塩を使ってみてくださいね♪(ちなみに私は『ホッティーの塩』と言うものを使っています。ミネラルの含有量がとても多く、しかも非加熱で作られているんです^^)

それでは今日はこの辺で。ばいばい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
筆者アイコン(横顔)
今乃かおり
自炊を愛する水彩画家。アートの発信&自身の食の実体験に基づいた食情報も発信中 | 調理師免許所持 | グリーンスムージーオフィシャルインストラクター | インスタでいち早く作品発表中(インスタでは私の生態も垣間見えるかも?) 詳しいプロフィールはこちら お問い合わせはこちらまで